キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 宮城の土地家屋調査士 : 青葉区の土地をまとめました

宮城の土地家屋調査士

宮城で土地境界でもめているなら、専門の土地家屋調査士に依頼して、客観的な境界の調査・測量をする

青葉区の土地をまとめました

宮城の土地家屋調査士

土地家屋調査士は、不動産の表示と、土地境界に関する登記の専門家で、宮城でも依頼を受けて土地・建物の所在、形状、利用状況などを調査します。

土地家屋調査士は測の文字の入ったバッチをつけています。

土地家屋調査士は、土地を分筆したい時などに依頼を受けて、土地の調査・測量を行います。

そして法務局に土地分筆登記申請を行います。

土地が分筆できれば、新しい登記簿が作成されます。

法務局では、分筆登記を行う際に、土地家屋調査士が作成した地積測量図が保管されます。

同様に、土地表題登記,土地合筆登記,土地地目変更登記,土地地積更正登記,建物表題登記,建物表題変更登記,建物滅失登記などの登記申請を受けて、土地の測量や境界確認を行うのも、土地家屋調査士の大切な役割です。

宮城の一般的な土地の測量や境界確認なども、土地家屋調査士の業務です。

土地の境界に関してもめごとが起こった場合、裁判外紛争解決機関(ADR)で代理人としての役割を行うこともあります。

土地家屋調査士と弁護士が協議協働することで、土地境界で対立する当事者のニーズに対応します。

現地調査、測量・鑑定を行うことで、話し合いの場にも重要な参考資料が提供されるという利点もあります。

境界に関しての紛争は、境界を客観的に確認する手段が限られています。

隣接する所有者同士で、はっきりとした話し合いが行われないまま、感情的に対立してしまうこともあり、裁判制度を利用した解決をはかると、長期にわたりコストもかかってきます。

まずはADRなどを利用し、専門家の資料をそろえることが、解決への第一歩です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 青葉区の土地をまとめました All Rights Reserved.