キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 宮城の土地境界の問題 : 青葉区の土地をまとめました

宮城の土地境界の問題

宮城で土地を売買する際もめることのないように、知っておきたい土地境界の話し、トラブルが起きる可能性とは

青葉区の土地をまとめました

宮城の土地境界の問題

宮城で土地を買う時に気になるのは、土地境界の話しです。

土地境界というのは、何かと何かの境界線のようなものを思い浮かべますが、土地の境界というのには二つの考え方があります。

ひとつは公法上の土地境界で、もう一つは、私法上の土地境界です。

土地の売買では、公法上の境界の筆界と、私法上の所有権界の二つを主に理解しておきたいところです。

筆界というのは、一筆毎の地番と地番の境目のことです。

この場合の地番は、地租改正事業で土地を人為的に区画して、その一区画毎に付けた番号ということになります。

法務局においての土地境界というのは、筆界のことをさします。

一筆というのは、ひとつの土地という意味で、土地を数える時には筆という単位を用いています。

筆界は課税の単位でもあり、個人が自由に変更できるものではありません。

裁判所の確定判決や、法務局の登記官によって、分筆や合筆、新たな筆界を形成することは可能です。

一方、私法上の境界である所有権界は、所有権と所有権の境目のことをさします。

所有者同士で合意された境界線のことをさします。

一般的に境界と言われるのが、この所有権界のことをさします。

この所有権界に関しては、お隣同士で話し合いなどで変更することは可能です。

宮城の土地の売買で、一般的には筆界と所有権界は同一のものであるケースが多いのですが、一筆の土地を一部だけ売却したり、分筆や合筆が行われなかった場合などで、筆界と所有権界が同一ではないケースがあります。

将来境界の件でもめごとが起こる可能性がある土地で、売買の際には注意が必要です。

参考リンク=>[http://allabout.co.jp/gm/gc/25763/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) 青葉区の土地をまとめました All Rights Reserved.